体験レッスンに足を運んでみよう|ピアノに触れる

クリエイターの学校

描く人

美術系の専門学校には、イラストを専攻とするコースがあります。ここでは、プロのイラストレーターとして活躍できるように様々な学習内容が組まれています。それでは、美術系の専門学校のイラスト専攻コースでは具体的にはどのようなことを学ぶのでしょうか。以下に説明を行います。美術系の専門学校のイラスト専攻コースの授業では、様々な画材を使ってイラストを作り上げていくことになります。これは水彩絵の具や色鉛筆などあらゆる画材を一通り使いこなせるようになることが目標となっているためで、版画やクラフトなど別の角度から表現する方法も指導されています。イラストを描くための基本的な能力として必要なのが、デッサン力と色彩感覚です。授業では、これらの技術力を養うために課題が提示されています。また、それに加えて自分の個性を表現できるようにイマジネーションを高めるための授業も行われます。文章のテーマに合わせてイラストを描くことができるように、実際の小説が使われることもあります。最近では、プロの現場でパソコンを使ったイラスト編集も盛んに行われています。そのため専門学校でもソフトの使い方が指導されており、パソコンを使ったイラスト制作も課題の一つとなっています。コースの中には、グラフィックデザインに特化した所もあります。全てのカリキュラムが修了したら、進路に関する指導も行われます。イラストレーターとして個人で活躍するための方法の他、デザイナーとして働くために広告会社の紹介などが行われています。